体臭の原因や体臭が強くなるNG食品とは!?改善方法もお伝えします。

♡美容
LuLuLun(ルルルン)

「体臭」と聞くと、中年の男性のことだと思っていませんか?

「私は大丈夫」と考えているかもしれませんが、知らないうちに自分の体臭が周囲を不快にさせていることもあります。

特に女性は香水や柔軟剤などの香りでごまかしているつもりでも、そこに体臭が混ざって「スメルハラスメント」の原因になっているかもしれません。

強い香りでごまかすのではなく体臭の原因をつきとめ、体臭を抑える改善方法を知っておきましょう。

体臭の原因

女性のワキ・汗のニオイ

体臭の原因のほとんどは汗です。

といっても、汗そのものには本来ニオイはないのですが、皮膚常駐菌が汗を分解する時に生じる「分解臭」や、汗に含まれている成分が変化する時に生じる「酸化臭」がニオイの原因になるといわれています。

ワキは汗腺が多いため汗をかきやすいためニオイが生じやすくなるのです。
デリケートゾーンのニオイ 女性は生理前になると女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になって、皮脂腺に脂が詰まりそれが酸化してニオイの原因になります。
さらに生理中はナプキンなどで蒸れやすく雑菌が繁殖しやすくなります。

更年期のニオイ

更年期の症状として、一般的なものが「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状です。

これはホルモンのバランスが乱れることが原因で、暑さ寒さに関係なく、のぼせやほてり、大量に汗をかく・・・という症状が生じるもので、女性の加齢臭の原因だといわれています。
頭皮のニオイ 頭皮の毛穴に詰まった汚れと皮脂が原因だと考えられます。
頭皮の皮脂量はTゾーンのなんと2倍だといわれています。そのため正しくケアされていないと皮脂や古い角質などが酸化し、ニオイの原因になってしまいます。

体臭が強くなるNG食品とは!?

毎日の食事内容は体臭に大きく影響します。
体臭が強くなる主なNG食品はコチラです。

動物性たんぱく質、動物性脂質を含む食品

エネルギー源となる動物性たんぱく質を摂取すると熱が発生し、体温が上がることで汗をかきやすくなります。
汗をかいたときに雑菌と混じり体臭が強くなってしまうのです。
動物性脂質は、アポクリン腺や皮脂腺を刺激します。
アポクリン腺と皮脂腺は、刺激されると汗の臭いが強くなります。
体臭が強くなる動物性たんぱく質・動物性脂質ですが、エネルギーとなる大事な栄養素でもあります。
摂りすぎには注意しなくてはいけませんが、適度に摂り入れるようにしましょう。

動物性たんぱく質・動物性脂質が多く含まれる食品・・・

肉類・乳製品・卵などアリシンを含んだ野菜類アリシンは、ねぎなど香りの強い野菜に含まれる香気成分です。
摂取したアリシンが体内で吸収されて血液とともに全身に行き渡り、汗・便・尿として排出されるときにイヤな体臭が発生します。
ただしアリシンには、免疫力を高める・消化液の分泌を促進するといった体にとって注目したい作用もあります。
摂取した直後におうことが分かっているので、タイミングを考えて摂るようにしたいですね。

アリシンを含んだ野菜類・・・ねぎ・にんにく・玉ねぎ・らっきょうなど。

腸内環境が悪いと体臭は強くなる
体臭が強くなる原因のひとつとして、腸内環境の悪化が考えられます。
腸内環境が乱れて便秘になると、腸内に溜まった便はどんどん腐敗していき有害物質を発生させます。
血中に入りこみ体中を巡った有害物質が、汗や口臭など体臭を強くさせる原因となります。
日ごろから、腸内環境を整えるような食生活を心がけたいですね。
腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすのが一番です。
善玉菌を増やしてくれる乳酸菌を多く含む、ヨーグルト・納豆・味噌などの発酵食品を積極的に摂り入れていきましょう。

においが急にキツくなるのは病気かも!?

デリケートゾーンのにおいは、病気のサインとしてあらわれることもあります。
自分でにおいを見極めるのはなかなかムズカシイと思いますが、においが急にキツくなった・おりものの量が急に増えた・おりものの色が変わった・かゆみがある場合は要注意です!
「淋病」「トリコモナス膣炎」などの性感染症のほか、「細菌性膣炎」「子宮内膜炎」「子宮頸がん」といった重大な病気の可能性もあります。
デリケートゾーンのにおいがキツい「すそわきが」も最近増加傾向にあるといわれています。
何かちょっとでも気になることがあればご自身で判断をされず、安心するためにも早めに受診しましょう。

原因別対処方法

ワキや汗のニオイ対策

一番の対策は、汗をかいたらすぐに拭くことです。

特に大量に汗をかきやすいワキを拭く時には、水で濡らした清潔なハンカチで軽く押さえるように拭き取るのがポイントです。
ゴシゴシとこするように拭くと雑菌が発生してニオイの原因になります。

このように清潔にすると同時に、汗を引かせるために首の後ろやワキの下などのリンパ部分を冷たいもので冷やすことも効果的です。

さらに一日の終わりの入浴が大切です。

汗などのニオイ対策としては、浴槽にコップ1杯程度の酢を入れるとクエン酸の殺菌効果で皮膚が弱酸性になり雑菌が増殖しにくい状態になれるようです。

試してみてはいかがですか?

デリケートゾーンのニオイ対策

こまめなシャワーなどで清潔に保つことが大切です。
また、日頃から、おりものシートなどを使用してこまめに交換すること。
生理中はナプキンを少なくても3時間に1回は取り替えるなど、いつも清潔に保つことが大切です。
さらに、下着もデザインだけでなくコットンやシルクなど通気性が良くムレないものを選びましょう。

更年期のニオイ対策

更年期の「ホットフラッシュ」は汗を抑えることよりも、日頃から新陳代謝をよくしていい汗をかくことによってニオイを抑えることができます。

ウォーキングなど軽い運動を毎日取り入れることや、半身浴でゆっくりとお風呂に浸かり血行を良くし発汗すると効果的です。

また、普段から脱ぎ着しやすい洋服を着て体温調節をしやすくするのもおすすめです。

頭皮のニオイ対策

頭皮のニオイの原因のひとつは皮脂です。

毎日きちんとシャンプーしているつもりでも皮脂汚れが十分落ちていない可能性があります。

もう一度正しいシャンプーの仕方を見直してみましょう。
  • 髪が乾いた状態でしっかりとブラッシングする。
  • 濡らしてすぐにシャンプーを付けず、38℃くらいのお湯でしっかりと頭皮を予洗いする。
  • シャンプーを手のひらで泡立てて髪の毛になじませ、指の腹で頭皮を中心にていねいに洗う
  • *爪を立ててゴシゴシ洗わず指の腹を使って優しく洗うのがポイントです。
  • 2~3分かけてしっかりとシャンプーを洗い流す。
  • コンディショナー・トリートメントは毛先からなじませて頭皮には塗らないようにし、シャンプー同様しっかり洗い流しましょう。
  • 洗髪後はすぐに乾かす面倒だからとすぐに乾かさずそのままにしていると、雑菌が増えてニオイの原因になります。
  • 洗髪後は頭皮からしっかりと乾かしましょう。

体臭の原因と改善方法まとめ

さまざまな対策方法を実施しても100%ニオイを抑えることは難しいかもしれません。

そのような場合は「エッセンシャルオイル(精油)」などのナチュラルな香りを身に着けるのもいいかもしれません。

人工的な香りではなく自然にフワッと漂う香りもステキですね。

熱湯で消毒した小瓶に無水エタノール20mlと好みの精油20滴を入れ、ミネラルウォーター80mlを注ぎ、ふたをして軽く振る。

スプレー容器に移し、ニオイが気になるところに吹きかけて使用します。

これから暑い季節になると汗をかくことも多くなります。

体臭が気になるからといって香水などの強い香りで消したくなるかもしれませんが、余計に不快感を与えてしまっているかもしれません。

ニオイの原因に合わせて対策をし、根本から解決していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました