アルコールの過剰摂取が毛穴ブツブツの原因ってどういうこと?

♡美容
LuLuLun(ルルルン)

毛穴ブツブツや毛穴つまりの原因はいろいろありますが、アルコール摂取にも注意が必要です。

アルコール自体、お肌にそれほど害のあるものではありませんが、摂り過ぎることにより間接的にお肌に悪影響を及ぼしてしまうからです。

アルコールの何がお肌に良くないのか、詳しく確認しておきましょう。

アルコールは悪者ではないけれど

アルコールを過剰摂取してしまうと、毛穴ブツブツになってしまう原因になります。

アルコールというのは適量に摂取すると血行が良くなったり、ストレス発散の材料になったりしてくれます。

アルコール自体は悪いものではなく、昔から「お酒は百薬の長」と言われているくらい、適量であれば健康に良いものです。

しかし、アルコールを摂取しすぎるとアルコールを分解してくれる肝臓に負担がかかって、肌に影響が出てきてしまいます。

アルコールに含まれる糖分に注意

アルコールの含まれている商品といえば、ビールや日本酒、チューハイやカクテルといったものがありますね。

スーパーやコンビニで売っているお酒も多く、手軽に手に入れやすいですが、これらの商品には大量の糖質が含まれています。

砂糖や糖分というのは、体内に大量に摂取してしまうと中性脂肪が増えるだけではなく、糖質を消化するのに多くの栄養素を消費します。

その結果、皮脂コントロールがうまく働かなくなり、毛穴を詰まらせてしまい、ニキビや吹き出物といったような毛穴ブツブツが出てしまう原因になります。

毛穴ブツブツにならないアルコールの選び方

アルコールを飲みたいのならビールやチューハイのような糖質が大量に含まれているお酒ではなく、焼酎やウイスキーといった、蒸留酒にすると良いでしょう。

ただし、これらのお酒はアルコール度数が高いので飲み過ぎないようにしましょう。

アルコールの摂り過ぎは睡眠の質低下にも

アルコールを飲み過ぎると睡眠にも影響を与えてしまいます。

アルコールは適量を飲むに関しては、睡眠を促す効果が期待できるのですが、睡眠の質はよくありません。

アルコールを摂取してからの睡眠は眠りが浅いと言われています。

眠りが浅いということは、成長ホルモンが分泌されにくくなり、肌にも影響が出やすくなります。

睡眠不足は、体内バランスや自律神経のバランスを崩してしまうため、ニキビや吹き出物といった毛穴ブツブツが出てきてしまう原因になります。

アルコール摂取は適量を

アルコールというのは、適量を飲むのに関しては健康に良い効果もあります。

しかし、度が過ぎてしまうと体の調子を崩してしまい、毛穴ブツブツの肌荒れや肝臓に悪影響を及ぼしてしまいます。

毛穴ブツブツを防止するためだけでなく、健康のためにも、飲み過ぎには気を付けたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました